第3回 毎日エクステンション・プログラム
「北京大学・サマーキャンパス2010」 <報告・7日目>

7日目  「河南博物院」見学・「鄭州商城」視察&「修了式」兼「歓送会」

8月24日、雨。大陸縦走バスツアーもいよいよ大詰めでした。午前8時半にチェックアウトし、鄭州市内北部にある「河南博物院」へと向かいました。

ホテルとそれ程遠くない距離に位置していますが、旧市街の道路はラッシュアワーの大渋滞で、どこも車やオートバイで溢れていました。早めに出発したものの、結局1時間を要し、「河南博物院」に到着しました。敷地面積10万平方メートルを誇る広大なスケールの博物館は2年にわたる本館改修工事を終え、一行を迎え入れてくれました。文物の収蔵点数は13万余点を誇っており、その中には1級、2級の文物が5千余点もあります。当時、東京上野国立博物館で開催中(9月5日まで)の「誕生!中国文明」展に一部が借り出されていましたが、商・周の青銅器から歴代の陶磁器、玉器及び石刻類が所狭し、と陳列してありました。しかもフラッシュ無しの条件でカメラ撮影は自由で、一行は徐先生の解説を聞きながら、夢中になって撮影し続けました。中でも、編鐘の調律のため、鐘の内側には縦の浅い溝が掘られているとの説明に、一行は陳列台の下から望み込み、新しい発見に興奮気味でした。


北京大学・サマーキャンパス2010

広い館内を駆け足で一通り見学した後、午前11時過ぎ、今回のツアーで最後となる重点遺跡「鄭州商城」へと向かいました。1951年に「二里岡遺跡」から大量の青銅器が発見され、その二里岡遺跡から1970年に巨大な城壁と宮殿が発見されました。それが「鄭州商城」です。二里岡文化は紀元前1600年から始まり、偃師商城と同時代の商代初期の文化です。

北京大学・サマーキャンパス2010周囲約7キロメートルの大型の城壁に囲まれた都城で、城壁の外に骨器や陶器を作る大きな工房群が位置していました。現在はその大部分が鄭州の市街地に位置しており、ごく一部の城壁跡が旧市街地の一角に残っているだけでした。「傲墟」(注:「傲」の人偏がこざと偏の漢字)の看板を掲げた「河南省文物考古研究所」では、長老の王潤杰先生が笑顔で一行を迎え、城壁跡の露出した地表や発掘された文物について説明してくれました。ここで一行は素朴ながら味のある漢墓石板の拓本や陶器等を購入しました。


北京大学・サマーキャンパス2010


「鄭州商城」の見学を終え、一行は「鄭州新鄭国際空港」のある新鄭市へと向かいました。約45キロメートル、約1時間の最後の旅です。途中の道路沿線は鄭州市郊外の新興都市の様相で、高層住宅街が延々と続いていました。
午後12時半、新鄭市内のホテル「Xin暇日飯店」内のレストランで軽めの昼食の後、空港へと向かいました。午後2時過ぎ、小雨降る中、新鄭空港に到着し、ここで現地ガイドの趙さんともお別れでした。


午後2時50分、CA1326便は北京に向かって飛び立ちました。上空からは、大陸縦走バスツアーで走行総距離約1,700キロメートルにも及んだ『中原』に広がるトウモロコシ畑や延々と続く高速道路が雲間に見え隠れしており、各自、様々な思いに耽けりながら仮眠をしている内に、約1時間半の飛行時間があっと言う間に過ぎ、「北京首都国際空港」に到着しました。午後4時半、6日ぶりに北京に戻ってきた一行は、ここで北京の運転手さんと再会し、鄭州から北京への復路約740キロメートルを約7時間かけてバスを戻ってきたとの話を聞きつつ、北京大学へと向かいました。途中、雨上がりの快晴下の北京の空気が新鮮で、街中の様子も妙に小奇麗に感じられました。

午後6時、一行は「北大博雅園国際会議中心」にチェックインし、身支度をして午後6時半からの「修了式」「歓送会」に臨みました。

会場となったホテル内のレストランでは、先着の北京大学考古文博学院院長・趙輝教授と副院長・杭侃教授が笑顔で一行を出迎えてくれました。「修了式」に当って、先ず趙輝先生から長旅を慰労する挨拶があった後、日本側から受講者の感想文を記したレポートが提出され、引き換えに受講者一人一人に立派な『修了書』が手渡されました。苦労した「移動教室」の証しとして、受講者にとっては何にも代えがたい貴重な記念品となりました。




引き続いての「歓送会」では、同行解説者としてお世話になった徐先生及び稲畑先生に対する感謝の気持ちを込めて、全員で白酒での乾杯。受講者一人一人からは旅の苦労話や楽しかった思い出話が語られ、旅の疲れも忘れてしまう、和やかな「歓送会」となりました。徐先生からは今回の経験を活かし、来年も是非、実現して欲しい旨の話もありました。

 

徐先生と稲畑先生とはこの日でお別れとなりました。両先生には、ご多忙な時期にもかかわらず、長期間にわたってご同行賜り、本当にありがとうございました。この紙面をお借りして心より感謝申し上げます。


「北京大学・サマーキャンパス2010」 



 「北京大学・サマーキャンパス2010」 報告

報告 1日目 「開講式」&「歓迎会」

報告 2日目 「特別講義」&「燕下都遺跡」 視察

報告 3日目 「定窯遺跡」&「北岳廟」 視察

報告 4日目 「響堂山石窟」「磁州窯遺跡」&「」 視察

報告 5日目 「殷墟」&「曹操高陵」 視察

報告 6日目 「龍門石窟」&「二里頭遺跡」 視察

報告 7日目 「河南博物院」見学・「鄭州商城」 視察 & 「修了式」兼「歓送会」

報告 8日目 自由行動


  >>「北京大学サマーキャンパス2010」報告のトップへ戻る


 重点遺跡の視察レポート・ダウンロード

「北京大学サマーキャンパス2010」にて訪問した重点遺跡の視察報告、および補足の解説をまとめたレポート(PDFファイル)を作成いたしました。下記リンクよりダウンロードできます。

pdf 「北京大学・サマーキャンパス2010」重点遺跡レポート (PDF/1.77MB)


毎日エクステンション・プログラムに関するお問い合わせ

株式会社 毎日エデュケーション
生涯学習事業部 「毎日エクステンション・プログラム」 係

〒100−0003 東京都千代田区一ツ橋1−1−1 パレスサイドビル1階
電話番号 03-6267-4188

リンク ウェブからのお問い合わせはこちら




ページTOPに戻る


毎日エクステンションプログラム

【お問い合わせ先】

株式会社 毎日エデュケーション

東京本社 03-6267-4188 (代表)
月〜金 10:00〜17:00

インターネットからのお問い合わせ