子ども買春防止のためのコードプロジェクトについて

Top社会的責任と行動 > 子ども買春防止のためのコードプロジェクトについて

毎日エデュケーションは、子ども買春防止のためのコードプロジェクトに調印しました。


現在、世界では年間120万人もの子どもたちが人身売買や性的搾取の被害に遭っていると推定されています。弊社が留学先として紹介している中国・台湾などにおいても、残念ながら多くの「子ども買春」の実態があり、それに関わる日本人客への非難の声もあがっています。


弊社は、企業の社会的責任として次の企業理念を掲げています。

コードプロジェクト


「留学サポート事業を通じて、お客様の夢の実現のお手伝いさせて頂きながら、お客様と渡航先の国の人々との相互理解と国際交流の推進にも貢献する。さらに、『教育機会をすべての子どもたちに』を合言葉に、1%エデュケーション基金を設け先進国と途上国の教育格差を縮めることにも尽力する」。

この企業理念(使命)により、株式会社 毎日エデュケーションでは、JATA(社団法人日本旅行業協会) の正会員として、ユニセフ、財団法人日本ユニセフ協会、国際ECPATなどが世界中で推進する子ども買春防止のための行動規範(「旅行と観光における性的搾取からの子ども保護に関する行動規範」=コードプロジェクト)の趣旨に賛同し、このたび調印致しました。
(2010年6月22日)

今後、子どもの商業的性的搾取に反対する企業として、当社が定める企業倫理規定・方針に基づき、当社が直接的・間接的に子どもの性的搾取に加担しないようスタッフの啓発・教育に取り組むとともに、現地NGOの活動に連帯し、お客様にもコードプロジェクトの趣旨をご理解いただくなど、世界の参加業者・団体とともにプロジェクト推進のため積極的に行動して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


株式会社 毎日エデュケーション

コードプロジェクトの詳細はこちら http://www.unicef.or.jp/code-p/index.htm


ページTOPに戻る


社会的責任と行動

【お問い合わせ先】

株式会社 毎日エデュケーション

東京本社 03-6267-4188
大阪支社 06-4797-7807
月〜金 9:30〜18:00
第1・第3土 9:30〜13:00
インターネットからのお問い合わせ